MENU

ムクナ豆のむずむず足症候群の症状緩和への効果

むずむず足症候群のセルフケアに、ムクナ豆が挙げられます。

 

なぜムクナ豆がむずむず足症候群に良いかというと、ムクナ豆の天然成分のLドーパが豊かに含まれているからです。

 

Lドーパは、アミノ酸の一種で体内でドーパミンに変化する物質です。

 

むずむず足症候群の原因の一つにドーパミンの神経伝達の不具合が挙げられます。ドーパミンの神経伝達の不具合の原因は明らかになっていませんが、鉄分不足が原因ではないかとも言われています。

 

ムクナ豆はLドーパの他にも鉄分も豊富なので、Lドーパと鉄分を一緒に補うことができ、むずむず足症候群の症状が改善されると期待されています。

 

ムクナ豆は大豆と比べると硬く、焙煎処理されたムクナ豆を調理するためには圧力鍋が必要です。

 

実際にムクナ豆を取り入れるにはちょっと手間がかかると言えそうですね。

 

当サイトで紹介しているHQLスムージングマッサージクリームは足に塗るだけでOKなので、調理する手間もなく、寝る前にサッと塗るだけでむずむず足の症状から解放してくれるのが特徴です。

 

口に合わないかもしれない、調理するのが面倒だな…といった方には、HQLスムージングマッサージクリームもオススメです。